特別徴収と普通徴収の違い

特別徴収と普通徴収の違いについて

住民税には特別徴収と普通徴収という二種類の徴収方法があります。

 

・特別徴収とは?

男性2

特別徴収とは、従業員の住民税を会社が代わりに収めるという方式です。 皆様の多くは会社に勤め、給料を会社からもらっていると思われます。 その時、給料から税金などを差し引いた金額をもらっていると思います。 その差し引いた金額こそが住民税などにあてられているのです。

 

つまり、給料日に会社にある程度の住民税を預けているということになります。 特別徴収でしたら、うっかり払い忘れたりすることがないので、延滞することがないのです。

 

・普通徴収とは?

 

会社に勤めていない方は、自分で税金を納めなければなりません。 個人で事業をしている方や、無職の方は自分で確定申告を行い、納付する税金の金額を割り出すことになります。 また、サラリーマンの方でも副業などで収入がある場合はその分の確定申告をする必要があります。

 

毎年6月の中旬に納付書が送られ、年四回(6月・8月・10月・1月)にわけて納める形になります。 以上の二種類が住民税の徴収方法となります。 特別徴収の場合は皆様は特にすることはありません。 その会社で働いて得た所得分の税金が天引きされた形で給与が渡されていますので、納付は会社が行ってくれます。

 

普通徴収の場合は、自分で責任を持って税金を納めなければなりません。 そのため、特別徴収に比べますと手間がかかります。 先ほども述べたように滞納しますと滞納費が発生してしまうので注意が必要です。 近年ではコンビニエンスストアなどでも納付が可能になり、昔に比べれば便利になりました、めげずに納めましょう。

↑ PAGE TOP