住民税が課税されない人

住民税が課税されない人の特徴

社会には、住民税をどうしても払えないという方もいらっしゃいます。 そうした人々には住民税は課税されません。どういった方が課税されないかを以下で紹介します。

 

前年に収入が無かった人

前年に収入が無かった人に関しては住民税は課税されません。

前年に収入があった人でしたら、無収入であろうと課税されてしまうのですが、前年に収入が無い方には課税されません。 働き始めて収入を得るようになりますと、次の年から課税対象となりますので、給料からの天引きという形で課税していくことになります。

 

生活保護受給者

事情があって、納税どころか生活していくだけのお金が得られないという方に支給されるのが生活保護です。

そういった事情があって生活保護をもらっている方は課税対象になりません。 一部では不平等だという心無い声をかける人もいますが、社会福祉の観点で考えれば課税するべきではないことは明白です。

 

障害者、未成年者で前年の所得が125万円以下の人

男性1

障害者や未成年者の方は普通の成人よりも所得を得られない人が多いことはわかると思われます。

そのため、所得が125万円無い方に関しては課税対象にはなりません。 以上の条件に該当する方には、住民税が課税されません。 このことに関して、一部の心無い人々が「不平等だ」と騒ぎ立てる光景がたまにみられます。 税金が払えない事情がある人にそうした言葉をぶつけるのは少し酷というものです。 税金が払えない人もいるということを受け止め、自分が払うべき税金を納めましょう。

↑ PAGE TOP