住民税額 計算

住民税額を計算する前に

特別徴収で税金を納めている人にとっては住民税の計算なんてしなくてもいいと思われるかもしれません。 しかし、退職や失職、または独立などで突然普通徴収になることもありますので、油断は大敵です。

 

住民税はの課税対象は今の収入でなく、自分が前年に得ていた収入です。 そのため、若干把握するのが難しいという側面があります。 しかしながら、全く把握していないと、予期せぬ金額が課税されており払えないなんてことになりかねません。

 

そんなことで延滞金を取られてしまったなんてことになってしまっては目も当てられません。 頻繁に行う必要はありませんが、たまには住民税額を計算してみましょう。 自分がどれくらいの金額を税金として納めているのかを把握しておくことは重要です。 特に、普通徴収の方は自分で納めなければならないので、自分で計算しておくことが大事です。

 

住民税を計算するのでしたら、自分の収入をきちんと把握しておかなければなりません。 会社勤めの方でしたら、給与明細が発行されていると思われますので、大切に保管しておきましょう。 給与明細を開けてすぐに捨てるなんてことは、社会人でしたらやらないようにしましょう。

 

個人事業主や会社に勤めずにフリーで仕事をしている方は、自分の収入を自分で管理しなければなりません。 自分の収入をきっちりと把握し、納めるべき税額について把握しておきましょう! 住民税の計算方法については、各自治体のホームページなどに記載されていますので一度確認しておくとよろしいでしょう。 インターネットで検索すれば無料計算ツールなどもありますので、ぜひお試しください。

↑ PAGE TOP