退職 一括徴収

退職時の一括徴収がおすすめの理由

サラリーマンの方々が退職したあとも、住民税を納めなければならないという点には注意が必要です。 住民税は前年の収入を元に納税する額が定められますので、退職して無収入になったとしても、前年の収入分の金額を納税しなければなりません。

 

そのため、退職する際には住民税を払うということも考慮にいれて、住民税の準備をしていかなければなりません。 なんの計画もなしにいきなり退職してしまっては支払えなくなってしまうかもしれません。 会社を退職なさるのでしたら、住民税を一括徴収しておくことがオススメです。

 

会社に一括徴収してもらうようにお願いしておけば、一括徴収をしてもらうことが可能になります。 一括徴収を利用すれば、給与をもらっているときに住民税を会社に払ってもらえますので、自分で払うよりも簡単です。 今まで特別徴収で納めてきていた人が、いきなり普通徴収で収めるのは割と面倒です。

 

会社を退職するのでしたら一括徴収を利用するのがオススメです。 ただ、注意しなければならないのは、一括徴収を利用しても全ての住民税が徴収されないこともありますので、注意が必要です。 退職する時期などによって、一括徴収では全て賄えないこともありますので、そうした場合には普通徴収で自分で納税する必要があります。

 

そのため、退職する時期などもきちんと予定立てておかないと、納税の際に若干面倒なことになることもあります。 立つ鳥後を濁さずといいます、退職する際には住民税に関しても注意しつつ、身の回りをきれいにしておきましょう。

↑ PAGE TOP